amazonギフト券の現金化は違法ではない!ただしamazonアカウント停止の危険性も!

投稿日:

amazonギフト券の現金化は金策として広く利用されるようになりましたが、ネットでは現金化の違法性について語られることもあり不安です。

自分が購入したものを売っただけで警察のお世話になるようでは困ります。

ビール券や図書券などギフト券に分類される品物は数多くありますが、そのどれもが街中の金券ショップで売却でき、普通に購入できます。

もちろん違法性はありません。

にもかかわらずamazonギフト券だけが違法だと言われるのは納得いかないでしょう。

そこで今回はamazonギフト券の違法性について詳しく解説していきます。

安全にamazonギフト券を現金化する方法も紹介するので、ぜひ確認してください。

amazonギフト券店舗おすすめ
  • 買取レオン
    詳細はコチラ
  • 買取タイガー
    詳細はコチラ
  • ギフトジェシー
    詳細はコチラ

amazonギフト券現金化は違法ではない

結論から言うと、amazonギフト券の現金化に違法性はありません。

当然ですが電子ギフト券の売却を禁止する法律は規定されていませんし、そういった法律が作られるといった話もありません。

違法性があるとすればamazonギフト券を売却する場合です。

古物の販売をしている事業者に購入したamazonギフト券を売る場合、事業者は本人確認を確認することが法律で定められています。

もし、身分証明書の確認を怠った場合は法律違反に該当します。

この本人確認は犯罪収益移転防止法で定められているもので、反社会組織が収益を得るのを防ぐことを目的としてます。

amazonギフト券を売却する場合、買取業者を利用すると必ず身分証明書の提示を求められるので、法律に違反する心配はありません。
しかし、ネットオークションなどで売る場合は相手が業者であっても身分証明書の提示をしないので、法律違反に該当する可能性があります。

しかし、売る側が厳しく処罰されるのは身分証明書の内容を偽った場合です。

相手が業者だと知らずに、本人確認しないままギフト券を売却したためにペナルティを受けることは考えられません。

そのため、amazonギフト券の現金化には違法性が無いと考えて問題ないでしょう。

amazonギフト券現金化は違法ではないがリスクがある

amazonギフト券の現金化に違法性がないにもかかわらず危険だと言われているのは、現金化に伴う厄介なトラブルが発生するためです。

なかでもamazonアカウントが停止してしまうトラブルは困ったトラブルで、発生したら対処する方法が無いため、あきらめるしかありません。

アカウントが停止する理由はamazonにギフト券を使った現金化がバレたためです。

amazonは規約でギフト券を換金することを禁止しています。

利用者はこの規約に賛同してアカウントを登録するため、そのルールを破ったらペナルティを受けます。

そのペナルティのひとつがアカウント停止です。

amazonアカウントが停止されると、amazonで提供している全てのサービスが利用できなくなるだけでなく、アカウントに紐づけしたギフト券や取得したポイントが全てロックされます。

アカウント停止が解けない場合、それらは全て無効になるでしょう。

購入した電子書籍やデジタルミュージックも同様の処置を受けるので利用できません。

逮捕されなくても、現金化で被る損失は無視できないでしょう。

amazonギフト券現金化の違法性に潜むリスクへ対処する方法

amazonギフト券現金化のリスクの本質は、現金化したことをamazonに知られることです。

amazonはギフト券の現金化に対して厳しい姿勢を見せるので、現金化がバレる行為を控えましょう。

amazonに現金化をしていることを知られる要因は様々ありますが、バレる原因のひとつがメールタイプのギフト券です。

メールタイプを購入する際は送り先のメールアドレスを入力するのですが、その際に業者のメールアドレスを入れると現金化をしていることが知られやすくなります。

しかし、業者も警戒して頻繁に送り先のメールアドレスを変更していると思われるため、メールアドレスから現金化がバレる可能性は低いでしょう。

他にも頻繁にメールタイプを購入していると現金化を疑われる恐れがあります。

毎週メールタイプを購入して、どこかへ送信するのは一般的な使い方ではないので、そういった購入の仕方をしていると要注意アカウントとして扱われやすいです。

安全のため、amazonギフト券を使った現金化は多くとも1ヶ月に1度のペースに抑えておきましょう。

違法性の無い安全なamazonギフト券現金化のやり方

amazonギフト券を使った現金化を安全に行う方法は簡単です。

ギフト券を直接売却することがamazonの規約で禁止されているので、間接的に行うようにしましょう。

amazonギフト券で商品を購入し、その商品を売却して現金を入手してください。

商品を使った現金化のポイントは換金性の高い品物を選ぶことです。

amazonギフト券で購入できる換金性の高い商品はゲーム機やゲーム関連のプリペイドカードです。

ゲーム機を購入するのが難しい場合は、nintendoやxboxのプリペイドカードや3ヶ月分のゲームパスを利用するといいでしょう。

プリペイドカードであれば品切れになる心配がほとんどありません。

ゲームのプリペイドカードは80%以上の換金率が期待できますし、コードを売買するので梱包や発送の手間がかかりません。

ネットオークションに出品して落札されたら相手にコードをメッセージで伝えるだけで取引が完了します。

オークションに慣れている人なら購入したその日に換金できるでしょう。

amazonギフト券現金化の違法性に関するまとめ

amazonギフト券の現金化を取り締まる法律は無いため、違法性を気にする必要はありません。

問題なのはamazonの規約でギフト券の現金化が禁止されていることです。

規約を無視して頻繁にギフト券の現金化をしていると悪質なユーザーと判断され、アカウント停止のような厳しい処置を受けることになるでしょう。

現金化したことをamazonに知られないためには、現金化を疑われる行為を控えましょう。

1ヶ月の間に何度もギフト券の購入を繰り返すような目立つ行動をとると、amazonから警戒されます。

一挙手一投足をチェックされるので、より現金化がバレやすくなるでしょう。

ギフト券を購入する場合は、まとめて購入して、コード番号などを控えておくのがおすすめです。

イベントでギフト券を大量購入するケースは珍しくないので、まとめ買いは頻繁に購入するよりリスクが低いです。

安全にamazonギフト券を現金化するには、ギフト券でプリペイドカードなどの換金性の高い品物を購入して、ネットオークションなどで売却しましょう。

amazonギフト券を直接換金しないため規約に違反せず安全性が高いです。

amazonギフト券店舗おすすめ
  • 買取レオン
    詳細はコチラ
  • 買取タイガー
    詳細はコチラ
  • ギフトジェシー
    詳細はコチラ

以上、amazonギフト券の現金化は違法なの?違法性やアカウント停止まとめ...でした。

-amazonギフト券買取

Copyright© ゲンフリ , 2022 AllRights Reserved.