クレジットカード現金化とカードローンならどちらの利用が適しているのか?

投稿日:

すぐに現金が必要なときに利用できる方法には、クレジットカード現金化やカードローンの利用などさまざまな選択肢があります。

いくつもの現金を確保する方法があることで、どのような方法が適しているか迷ってしまう方もいるでしょう。

そこでクレジットカード現金化におけるメリットやデメリットを考えていくことも必要です。

またカードローンとの違いを比較して、どのような状況なら利用するのに適しているか考えていくのも選択肢の1つです。

おすすめ現金化サイト
  • らくらくマネー

    お電話1本で即振込!

    詳細はコチラ
  • GENKINKA ITORI

    安心して使える!

    詳細はコチラ
  • ラストチェンジ

    奇跡の100%換金率!

    詳細はコチラ

クレジットカード現金化とカードローンの違いとは

クレジットカード現金化を利用するメリットの1つが、クレジットカードのショッピング枠が利用できる方なら誰でも利用できるという点です。

例えばキャッシングやカードローンを利用したいと考えている場合、すでに自動車ローンなどで借入をしている、ほかのカードローンなどの返済が滞っているなどの場合には、新たな借入を申し込むのが難しいケースも見られます。

一方でクレジットカード現金化の場合、クレジットカードのキャッシング枠を使い切っているとしても、ショッピング枠に余裕があったら現金化が可能です。

またカードローンの場合、申し込みをしたら収入に関する書類を提出して審査を受ける必要があります。

収入が安定していない、借入状況に問題があるなどの場合、申し込みをしても審査に落ちる可能性が高くなります。

ですがクレジットカード現金化なら、審査もなく本人確認が問題なく行えたら基本的には現金化ができるため、利用のハードルが低いというメリットにもつながります。

クレジットカード現金化 カードローン②

カードローンを利用するときに注意が必要なポイントの1つが、すぐには利用できない場合もあるという点です。

実際にお金を借りるためには、最初に申し込みをしてから審査を受ける必要があります。

審査が完了するまでに1時間以上かかる場合も見られるため、状況によっては急いで必要な出費に間に合わないというケースも出てくるかもしれません。

一方でクレジットカード現金化は、審査がないためカードローンより比較的短時間でお金が確保できる場合もあります。

実際にクレジットカード現金化でどのくらいの時間がかかるかは、利用する業者によっても多少前後します。

しかし24時間365日対応の優良業者であれば、申し込みから10分以内で振込まで完了するケースも見られます。

スピーディーな対応が期待できるからこそ、急いでお金が必要という場合に、クレジットカード現金化は心強い味方となるという点を押さえて、現金を確保する方法について考えていきましょう。

クレジットカード現金化 カードローン③

クレジットカード現金化におけるカードローンとの違いの1つが、信用情報機関に記録が残るかどうかです。

カードローンを利用したい場合、消費者の情報は信用情報機関に記録されます。

返済が滞るなどの状況が続くと、信用情報機関に情報が記載されて新たな借入が難しくなってしまうこともあります。

ですがクレジットカード現金化は、ショッピング枠を利用した取引なので、信用情報機関に記載されることもありません。

またクレジットカード現金化で確保した現金は、自由に利用できるというメリットもあります。

欲しい物の購入だけではなく、税金や保険料の支払いなど幅広い用途で利用できます。

現金払いしか認めていないサービスの支払いにも利用できるため、スピーディーな現金化が可能という特性を活かして、クレジットカード現金化で得たお金を有効活用できるようにしましょう。

ショッピング枠の限度額までなら、自由に金額を設定してお金を確保できるのもクレジットカード現金化ならではの強みです。

クレジットカード現金化 カードローン④

クレジットカード現金化にはメリットがある一方で、注意が必要なデメリットも存在しています。

注意点となるデメリットの1つが、悪徳業者に注意する必要があるという点です。

優良業者が多くある一方で、手数料が高い、対応が遅いなどの問題がある業者も存在しています。

口コミで評判が良い業者を調べたくても、カードローンと比較すると利用者が少なめなので、口コミで優良業者の情報が集めにくい場合もあるため注意が必要です。

またクレジットカード現金化では、少額利用だと換金率が低めに設定されていて損をしやすくなっています。

例えば1~10万円なら換金率が85%でも、100万円の現金化を申し込んだ場合には換金率が90%になることもあります。

そのため少額利用を検討しているなら、クレジットカード現金化よりカードローンの利用が適しています。

カードローンの中には、一定期間無利子のものもあります。

そのため少額利用ですぐに返済が完了する形で利用することで、手数料の負担なく必要なお金を確保できます。

クレジットカード現金化 カードローンまとめ

クレジットカード現金化を利用するかカードローンを利用するか迷ったら、クレジットカード現金化のメリットについて考えてみるのも1つの手です。

実際にクレジットカード現金化を利用するメリットの1つが、審査がなくスピーディーな対応が可能だという点です。

借入や収入状況に不安があって審査を通過できるか不安な方であっても、ショッピング枠が余っているクレジットカードを持っていれば問題なく現金化は利用できます。

利用するクレジットカード現金化業者によって条件の違いはあるものの、早ければ申し込みから振込まで10分ほどで終了するケースも見られます。

一方でクレジットカード現金化の利用で注意が必要なのが、少額利用をしたいケースです。

クレジットカード現金化は、少額利用のほうがまとまった金額での利用よりも手数料が高めに設定されて損をします。

少額利用を検討しているなら、無利子期間が設定されていることも多いカードローンの利用を検討するのも1つの手です。

おすすめ現金化サイト
  • らくらくマネー

    お電話1本で即振込!

    詳細はコチラ
  • GENKINKA ITORI

    安心して使える!

    詳細はコチラ
  • ラストチェンジ

    奇跡の100%換金率!

    詳細はコチラ

以上、クレジットカード現金化をカードローン利用は自分の状況を考慮することが大切...でした。

-現金化コラム

Copyright© ゲンフリ , 2022 AllRights Reserved.