デビットカード現金化の仕組みを理解して現金を確保するための方法を考えよう

投稿日:

手持ちの現金が少なくなったタイミングで、クレジットカード現金化サービスを利用した経験があるという方もいるかもしれません。
そのような方の中には、デビットカードでも同じように現金化ができないかと考える方もいます。

しかしデビットカードは特性上、クレジットカードと同じように現金化はできません。

ではデビットカードしかない場合、現金化するためにはどのような方法が選べるのでしょうか。

さまざまな視点から現金化について考えてみましょう。

後払い現金化業者サイト
  • バンクレジット
    詳細はコチラ
  • 即日アリアちゃん
    詳細はコチラ
  • ペイチェン
    詳細はコチラ

デビットカードの現金化を詳しく教えてください!

クレジットカードにおける現金化では、最初にクレジットカードのショッピング枠を使って買い物をします。

そして購入した商品のキャッシュバック、もしくは買取という形で現金を確保できるという仕組みになっています。

このようにクレジットカードを使って現金化ができるのであれば、同じようにデビットカードでも現金化ができるというイメージを持つ方もいるでしょう。

同じようにカードを使って買い物などができるものといっても、クレジットカードとデビットカードには大きな違いがあります。

根本的な違いがあることによって、デビットカードを使った現金化はできません。

クレジットカードの現金化に対応している業者でも、デビットカードは使用不可となっています。

そもそもデビットカードの場合、仮に現金化ができたとしても、特性上の問題でクレジットカードと同じように現金化をしても意味がありません。

まずはデビットカードの特性を理解して、お金の流れについて考えていくことが大切です。

デビットカード 現金化②

クレジットカードのショッピング枠を使って買い物をした場合、支払いに使った金額は後日支払い明細が来てその分のお金を支払います。

そのため今月使った分の費用の支払いは、来月や再来月というケースが多くなっています。

実際にクレジットカード現金化の仕組みを利用したら、今月現金化した分の費用は、来月や再来月の支払期日に返済するという仕組みです。

一方でデビットカードを使って買い物をした場合、支払いに使った金額はすぐに銀行口座から引き落とされます。

後日引き落とされるのではなく、基本的には即日の引き落としです。

即日決済ができるのがデビットカードの強みなので、クレジットカードと同じように現金化サービスを利用しても意味がないのです。
即日決済で銀行口座から引き落とせるだけの金額があるなら、現金化ではなく、銀行口座からそのままお金を引き出せばいいだけです。

すぐにお金を引き出せるのであれば、現金化を使う意味がないことを理解しておくことが大切です。

デビットカード 現金化③

クレジットカード現金化を利用する際に注意が必要となるポイントの1つが、最初にショッピング枠で使った金額が全額キャッシュバックされるわけではないという点です。

支払いに使った金額から、手数料などが差し引かれた額が現金化可能な金額となっています。

仮にデビットカードで現金化が可能だとしても、手元に入ってくるのは手数料を差し引いた金額です。

銀行口座からそのままお金を引き出せば現金化ができるデビットカードの場合は、クレジットカードと同じような方法で現金化をすると、手数料が差し引かれる分だけ損をするという点を押さえておきましょう。

ちなみにデビットカードの中には、立替払いを利用できるものもあります。

口座の残高が不足している場合、一時的に上限金額までなら立て替えてもらえるサービスです。

その仕組みを利用すれば、購入した商品の転売などの方法でデビットカードでも現金化できる可能性もあります。

ですが自分で買った商品をすぐ転売するのはバレるリスクも高い行為なので、避けるのが無難です。

デビットカード 現金化④

現金がないから現金化を利用しようと思っていたものの、デビットカードでは現金化ができず、クレジットカードも所有していないという場合には、どのような方法で現金を確保したらいいのか迷ってしまう方もいるでしょう。

短時間で現金を確保する方法にはいくつかのやり方があるので、状況に合った方法で現金の確保をするのも1つの手です。

例えば手軽に短時間で現金を確保できる方法の1つが、買取の利用です。

使わないゲームや何らかのギフト券などがあれば、リサイクルショップに持っていく、買取サイトで即現金化するなどの方法でお金を確保できます。

オンライン上の買取サイトであっても、電子ギフト券などの買取なら即日買取ですぐに買取金額が振り込まれるケースも多くなっています。

手持ちのギフト券がなくても利用できるギフト券買取を利用した現金化サービスもあるため、状況に応じて利用を検討しましょう。

現金化サービスはクレジットカードを使った方法以外にもあるからこそ、自分に合ったやり方で現金化を目指すことが大切です。

デビットカード 現金化まとめ

クレジットカード現金化と同様にデビットカードを使って現金化が可能というイメージを持っている方もいるでしょう。

ですがクレジットカードとデビットカードには、特性上の違いが存在しています。

特性上の違いがあることで、デビットカードはクレジットカードと同じように現金化することはできないため注意が必要です。

そもそもデビットカードの支払いでは、銀行口座からすぐにお金が引き落とされる仕組みです。

口座にあるお金が引き落とされるので、支払いに使える費用があるなら、現金化を使わなくても、口座からお金を引き落として現金を確保すればいいだけの話です。

デビットカードで現金化ができても、クレジットカード現金化と同じように使ったら意味がないことに加えて、手数料分だけ損をすると押さえておきましょう。

また口座に現金が不足していてお金が必要な場合には、買取サービスなどを使って現金を確保するのも1つの手です。

電子ギフト券の場合、ギフト券を所有していなくても現金化が可能なサービスもあるため、情報を集めて自分に合った現金化の方法を探ることが大切です。

後払い現金化業者サイト
  • バンクレジット
    詳細はコチラ
  • 即日アリアちゃん
    詳細はコチラ
  • ペイチェン
    詳細はコチラ

以上、デビットカードの現金化はクレジットカードと同じようにお金に換わるのか?...でした。

-現金化後払い

Copyright© ゲンフリ , 2022 AllRights Reserved.