クレジットカード現金化の本人確認には何が使える?種類と方法を紹介!

投稿日:

クレジットカード現金化をするときには必ず本人確認がおこなわれています。

クレジットカードを使用して現金を受け取るだけのサービスなのに、なぜ本人確認が必要なのかが気になっている人もいるでしょう。

この記事ではクレジットカード現金化における本人確認の必要性についてまとめました。

利用できる本人確認書類や本人確認の方法についても解説しているので参考にしてください。

おすすめ現金化サイト
  • らくらくマネー

    お電話1本で即振込!

    詳細はコチラ
  • GENKINKA ITORI

    安心して使える!

    詳細はコチラ
  • ラストチェンジ

    奇跡の100%換金率!

    詳細はコチラ

クレジットカード現金化で本人確認がおこなわれる理由

クレジットカード現金化を利用するときに業者が本人確認をしている理由は2つあります。

1つは古物営業をする場合には本人確認が義務付けられているからです。

クレジットカード現金化では買取方式と呼ばれる仕組みがあります。

利用者は業者からクレジットカード決済で商品を購入し、買い取ってもらうことで代金を受け取るというのが買取方式です。

この場合には業者は古物営業をしているため、古物商許可を受けて本人確認や取引履歴の保存の義務を負います。

本人確認書類のコピーを保存することも求められているため、必ず本人確認の手続きをすることが必要です。

もう1つの理由はクレジットカードの適正利用を推進するためです。

クレジットカードは本人にしか利用できないのが原則ですが、他人のカードで支払いをすることも不可能ではありません。

不正利用を防止するためにクレジットカード現金化業者では本人確認をしています。

クレジットカード現金化で一般的な本人確認の方法

クレジットカード現金化業者ではどのようにして本人確認をしているのでしょうか。

一般的には2つのプロセスによって本人確認をしています。

まず、クレジットカード現金化を利用する際に本人確認書類の写真の提出を求めています。

業者にメールで写真を送付するか、指定されたURLに写真をアップロードするかという2通りの方法が一般的です。

古物商として営業している場合には、本人確認書類の写真があれば電子書類として保管できるので問題ありません。

もう1つのプロセスは本人名義の銀行口座への振込です。

本人確認書類が偽造されたり、クレジットカードと一緒に盗まれて悪用されたりするケースもあります。

そのため、銀行口座の名義がクレジットカードと本人確認書類と一致することを本人確認のプロセスに組み込んでいます。

このような対応をすることで他人による悪用をされるリスクが最小限に抑えられています。

クレジットカード現金化をするときに使える本人確認書類

クレジットカード現金化をするときにはどのような本人確認書類を利用できるのでしょうか。

基本的には公的機関から発行されている身分証明書であればすべて利用可能です。

クレジットカード現金化業者からよく提示されているのは運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、住基カードです。

実際には他の身分証明書も受け付けてもらえる場合がほとんどで、在留資格認定証明書も有効です。

運転免許証だけでなく、国家資格の免許証などの公的機関から発行されている免許証も本人確認書類として利用できます。

ただし、写真付きでない場合には複数の本人確認書類の提出を求められる場合もあるので注意しましょう。

健康保険証や免許証には写真付きでないものもあります。

氏名と住所が確認できることも必要なので、住所の記載がない本人確認書類の場合にも複数の提出が必要になるのが一般的です。

クレジットカード現金化ではクレジットカードだけでは本人確認にならない

世界的にはクレジットカードが身分証明書として利用されています。

アメリカやヨーロッパではIDの提示が必要なときにクレジットカードで済むのが一般的です。

しかし、日本ではクレジットカードがIDとして公的に認められていません。

そのため、クレジットカード現金化でもクレジットカードだけでは本人確認になりません。

古物商許可を受けて営業しているクレジットカード現金化業者でも、クレジットカードの写真を提出されたからといって本人確認ができたとは言えないため、他の書類の提出を求めています。

これは日本の制度上の問題なので、今後は変わる可能性もあります。

ただ、クレジットカードの適正利用をする目的を考慮すると、クレジットカード以外の本人確認書類の提出は必要です。

少なくとも住所がわかる本人確認書類は用意する必要があります。

クレジットカード現金化における本人確認の実情のまとめ

クレジットカード現金化を利用するときに必ず本人確認がおこなわれるのは適正なサービスを提供するためです。

古物商許可を受けて買取方式のクレジットカード現金化をしている業者は本人確認の義務を負っているので、本人確認書類の提出や本人名義の銀行口座への振込といったやり方をする必要があります。

買取方式でない場合にもクレジットカードの適正利用を推進するために本人確認をするのが一般的になっています。

クレジットカードの不正利用によるトラブルは世界的に多いので、本人確認によってリスクを低減させているのが実情です。

本人確認書類としてよく用いられているのは運転免許証やパスポートですが、公的機関から発行されている身分証明書であれば利用できます。

本人確認は写真をメールで送付するか、指定されたURLにアップロードするだけの簡単なプロセスなので気軽にクレジットカード現金化を利用してみましょう。

おすすめ現金化サイト
  • らくらくマネー

    お電話1本で即振込!

    詳細はコチラ
  • GENKINKA ITORI

    安心して使える!

    詳細はコチラ
  • ラストチェンジ

    奇跡の100%換金率!

    詳細はコチラ

以上、クレジットカード現金化では本人確認が必須!理由もわかりやすく解説!...でした。

-現金化コラム

Copyright© ゲンフリ , 2022 AllRights Reserved.