クレジットカード現金化は未成年でもできる?サービスの実情を詳しく紹介!

投稿日:

未成年の人がお金に困ったときにはクレジットカード現金化を利用できるのでしょうか。

現金がなくて学費を払えない、サークルの活動費を払いたい、下宿をしていて家賃の支払いで困っているというときもあるでしょう。
この記事では未成年の人によるクレジットカード現金化は現実的にできるのかどうかをわかりやすく解説します。

具体的なやり方も紹介するので参考にしてください。

おすすめ現金化サイト
  • らくらくマネー

    お電話1本で即振込!

    詳細はコチラ
  • GENKINKA ITORI

    安心して使える!

    詳細はコチラ
  • ラストチェンジ

    奇跡の100%換金率!

    詳細はコチラ

業者ではクレジットカード現金化は未成年の人にはできないのが原則

クレジットカード現金化をするときには業者を利用したいと思う人が多いでしょう。

迅速な対応をしていて換金率も高いため、現金を効率的に手に入れることができるからです。

しかし、未成年の人の場合にはクレジットカード現金化業者を利用できないのが一般的になっています。

クレジットカード現金化業者では年齢制限を設けていて、20歳以上でないと利用できないルールにしていることが多いからです。

成人になって自己判断でクレジットカード現金化を利用できる人にだけサービスが提供されています。

未成年の場合にはまだ自分自身で適切な判断ができないと見なされています。

クレジットカード現金化にはリスクもあるため、責任を持って自己判断ができる成人だけが利用できるようにしているのが一般的です。

未成年の人がクレジットカード現金化をしたいときには他の方法を考える必要があります。

クレジットカード現金化に必要なクレジットカードは発行可能

クレジットカード現金化をするときにはクレジットカードが必要です。

クレジットカードは本人しか利用できないのが原則なので、未成年の人がクレジットカード現金化をするときには自分名義のクレジットカードを発行してもらわなければなりません。

以前は未成年の人がクレジットカードを発行してもらうのは困難でしたが、現在では18歳以上であれば発行できるクレジットカードが増えてきました。

社会人として働いている18歳以上の人はもちろんですが、学生でアルバイトをしている人でも発行できるクレジットカードがあります。

そのため、クレジットカードを手に入れること自体はできると考えて、どのようにして現金化するかを考えれば良い状況ができています。

専門業者に頼ってクレジットカード現金化をすることはできなくとも、別の方法を使えば未成年の人でも現金化することが可能です。

未成年の人にはクレジットカード現金化を自分でやる方法がある

未成年の人がクレジットカード現金化をするときには自分でやるしかありません。

クレジットカードを発行してもらうことができたら、クレジットカードで商品を買って売る方法で現金化するのが数少ない方法です。

例えば、新幹線の回数券を購入して金券ショップやインターネットオークションで売る方法があります。

新作ゲームを購入して新品未使用のままゲーム専門の買取業者に売るというやり方もあるでしょう。

このようにして商品を選んでクレジットカードで購入して売れば現金が手に入ります。

未成年の人でもクレジットカードさえ手に入れられれば現金化することは可能です。

売る相手も金券ショップやリサイクルショップなどの業者だけでなく、友達や家族という選択肢もあります。

さまざまな方法を組み合わせて換金率を上げることもできるので、努力をすれば貴重なショッピング枠を有効活用できます。

未成年の人のクレジットカード現金化では親権者の同意が必要

未成年の人がクレジットカード現金化をするときには親権者の同意が必要なので注意しましょう。

未成年の場合にはクレジットカードの発行を申し込むときにまず親権者に同意書を書いてもらう必要があります。

クレジットカードを利用するときには親権者の同意は特に必要ありません。

クレジットカード現金化をする目的で商品を購入するところは、クレジットカードを手に入れられたら特に問題にはならないでしょう。

しかし、商品を売って現金化するときには親権者の同意がまた必要になることがあります。

買取業者に買い取ってもらう場合には未成年の人は親権者の同意書を用意して提出しなければなりません。

インターネットオークションなどの利用にも親権者の同意が求められます。

友達に売る場合には親から許可を得る必要はありませんが、売る段階で親に相談しなければならないことが多い点には留意しておきましょう。

未成年の人のクレジットカード現金化のまとめ

クレジットカード現金化は未成年の人にとって利用しづらい状況がありますが、やり方によってはできないわけではありません。

18歳以上の未成年の人でも発行できるクレジットカードは多くなってきたので、クレジットカードを手に入れること自体は難しくはありません。

しかし、クレジットカード現金化業者では成人しか対象としていないのが一般的なので、専門業者に依頼するだけの簡単なクレジットカード現金化はできません。

しかし、自分でクレジットカードで商品を買って売るというやり方で現金を手に入れることはできます。

売るときに買取業者を利用すると親権者の同意が必要になりますが、友達に売るのであれば親に相談せずともクレジットカード現金化をすることが可能です。

クレジットカードを手に入れる時点で親権者の同意が必要ですが、クレジットカードが発行されたらやり方次第で親にも知られずにクレジットカード現金化をすることができます。

おすすめ現金化サイト
  • らくらくマネー

    お電話1本で即振込!

    詳細はコチラ
  • GENKINKA ITORI

    安心して使える!

    詳細はコチラ
  • ラストチェンジ

    奇跡の100%換金率!

    詳細はコチラ

以上、未成年の人がクレジットカード現金化をする方法をわかりやすく解説!...でした。

-現金化コラム

Copyright© ゲンフリ , 2022 AllRights Reserved.