無職でも大丈夫!クレジットカード現金化は条件さえ整っていれば可能です

投稿日:

どうしてもお金が手元に欲しいというときに思い浮かべるのが、金融機関によるキャッシングでしょう。

しかしキャッシングは返済能力の有無を問う審査があり、これをパスする必要があります。

そのため無職であると融資が難しくなるのが一般的です。

しかしクレジットカード現金化の場合は別です。

職に就いていようといまいと、ある条件を満たしていれば現金を手に入れることができるのです。

ではその条件やリスクについて見ていくことにしましょう。

おすすめ現金化サイト
  • らくらくマネー

    お電話1本で即振込!

    詳細はコチラ
  • GENKINKA ITORI

    安心して使える!

    詳細はコチラ
  • ラストチェンジ

    奇跡の100%換金率!

    詳細はコチラ

無職でもクレジットカード現金化が行える条件

無職でもクレジットカード現金化が行える条件は1つだけです。

それはクレジットカードを持っていることです。

以前に職に就いており、退職後そのまま無職の状態が続いているという人は少なくありません。

そのような人の中には就職していた時に作ったクレジットカードをまだ持っているという人がいます。

このような場合、無職であってもクレジットカード現金化が可能です。

クレジットカード現金化はカードに付属するショッピング枠を利用して行われます。

そのため仮にクレジットカードを持っていてもショッピング枠がゼロになっていた場合は現金化が行えませんので、注意が必要です。
ちなみにこの枠をゼロにすると審査をパスしやすくなるために、あえてゼロに設定している人もたくさんいます。

またショッピング枠の上限額を超えた額の現金化はできないために、この枠の上限額が低く設定されている場合は高額のクレジットカード現金化は不可能です。

無職の人がクレジットカード現金化を行ううえでの注意点

クレジットカードを有しているものの現在職に就いておらず、定期的な収入がないという人もいます。

上記でも考えたようにこのようなケースであってもクレジットカード現金化は可能です。

しかし当然のことながら注意が必要です。

まずクレジットカード現金化はカードに付属しているショッピング枠を利用して商品を購入し、その商品を販売してお金を得るというシステムです。

そしてもし業者を通して現金化を行う場合、手数料を支払うことになります。

そのため購入した商品の代金がそのまま手元に残るというのではなく、手数料が差し引かれた料金が手取りとなります。

そして現金化によって得たお金はカード会社が返済を求めた日に口座から引き落とされるという形になりますので、口座にあるお金はどんどん減っていきます。

仮に口座にお金がない場合、返済できないお金として記憶されますので、カードの使用許可がストップしてしまったり、何らかのペナルティを科せられることになります。

無職のクレジットカード現金化が儲かることも

職に就いておらず、定期収入がない人が行うクレジットカード現金化は必ずしもマイナスになるわけではありません。

場合によっては儲けを出すことも可能です。

クレジットカード現金化の方法は大きく分けると2種類です。

1つは現金化業者に依頼すること、そしてもう1つは購入した商品を自分で売りさばくことです。

1つ目の方法で現金化した場合、手数料が引かれますので購入した商品以下の金額しか手にすることはできません。

しかし2つ目の方法は別で、購入した商品によってはプラスの額のお金を手にすることができます。

今現在流通しており、あまり珍しくないようなアイテムを購入した場合や金券を購入した場合は買値、もしくはそれ以下の値でしか買取ってもらえません。

しかし入手が困難なものやプレミアがついているものは買値よりも高く売れることがあります。

このようなケースではクレジットカード現金化が儲けを出す結果となるわけです。

こうした方法はお金を捻出するための手段として用いられることがあります。

無職の主婦によるクレジットカード現金化

では職に就いていない専業主婦の場合はどうでしょうか?この場合も同様で、クレジットカードを有してさえいれば現金化は可能です。

しかしすでにクレジットカードの有効期限が切れていたり、就職する前に結婚したためにクレジットカードを作る機会がなかったという人の場合はどうでしょうか?この場合、家族カードを利用することができます。

家族カードとは審査をパスした人の家族が所有できるクレジットカードで、1つの口座から引き落としがなされるというシステムです。

例えば夫がクレジットカードを持っており、妻が家族カードを取得して買い物した場合、代金の引き落としは登録された夫の口座からなされるという仕組みになっています。

家族カードは取得が簡単ですし、クレジットカード現金化も可能です。

しかし家族カードでの現金化は他の家族にばれてしまう可能性も高いことを理解すべきです。

シークレットでクレジットカード現金化を行いたいという方は注意が必要です。

無職のクレジットカード現金化は返済計画が命

これまで見てきたように、無職であってもクレジットカード所有者であれば現金化は可能です。

しかし現金化した場合は必ず口座からお金が引き落とされることを理解していなければなりません。

無職の人ほど今お金が必要であると感じるシーンが多いかもしれません。

しかし返済日までに現金化によって手にした額のお金を口座に振り込まなければ、借金返済が滞ってしまいます。

当然のことながらこうした状況はおすすめできません。

無職の人によるクレジットカード現金化のベストな利用方法は、就職するまでの間に必要な資金を手にするというものでしょう。

当然のことながら無職の期間が長引けば返済できなくなってしまいますので、この期間はできるだけ短くすべきです。

また業者を通してのクレジットカード現金化は手数料が高いこともあり、これが返済を滞らせる原因となることもあります。

こうした点もしっかりと考慮し、どこの業者を利用するか、もしくは自分で商品を購入して販売するのかなどを決めるようにすべきです。

おすすめ現金化サイト
  • らくらくマネー

    お電話1本で即振込!

    詳細はコチラ
  • GENKINKA ITORI

    安心して使える!

    詳細はコチラ
  • ラストチェンジ

    奇跡の100%換金率!

    詳細はコチラ

以上、無職で定期的な収入がない!仕事に就いていない人でも現金化はできる...でした。

-現金化コラム

Copyright© ゲンフリ , 2022 AllRights Reserved.